使い方次第で成果に差が出る、英会話の本ランキング

書籍を使って独りで英会話を勉強する場合、アレもコレもと手を出しすぎないように注意しましょう。

いろいろな本で勉強をしてしまうと、似たような場所を重複して勉強してしまったり、逆に必要なところが抜け落ちてしまう危険性があります。また記憶を定着させるには、何度も同じことを繰り返す必要があり、教材が変わってしまうと記憶の定着ができない可能性があります。

ですが、書籍は英会話スクールに比べれば大幅に安く、一度買えば自分で何度も使えてしまうメリットがあります。あなたにあった一冊が見つかれば、一生使えるかもしれません。そうした Amazon で買えるお薦めの英会話本ランキングです。

第一位:DUO 3.0

https://www.amazon.co.jp/dp/4900790052/

Amazonで買える英会話学習者向け書籍の第1位の書籍名は、「DUO3.0」です。560本の英文が載っている英文集ですが、実は単語帳として使うことが出来る定番の英語本です。

560本の英文には現代の英会話で使われる頻度が高い重要単語が1600語、重要熟語が1000語含まれていて、英文を読むだけでこれらの単語と熟語をマスターできるのです。英文の内容も面白く、登場人物であるボブには感情移入してしまうほどで、楽しみながら英語を学べます。

第二位:ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

https://www.amazon.co.jp/dp/4757402430/

第2位の書籍名は「ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100」です。

実は、英会話をするときは一から文章を組み立てることは少なく、決まり切った定番のフレーズを話すことが多いのです。この書籍は様々なシチュエーションに合わせて使える100個の定番フレーズが載っていて、この本の内容を覚えるだけでネイティブとの会話に苦労しなくなります。CDも付いているため発音を確かめながら学ぶことができます。

第三位:大岩のいちばんはじめ英文法

https://www.amazon.co.jp/dp/4890855890/

第3位の書籍名は「大岩のいちばんはじめ英文法」です。有名な大学予備校の講師が書いた本で、タイトルの通り英会話を学習する人が一番最初に読むべき英文法の学習本です。

英会話を学ぶときは英文法が理解できていなければ例文を読むことが出来ません。この本は中学生レベルの英文法から勉強でき、さらに講師が授業しているように進められるので基礎をじっくりと学ぶことが出来るのです。補足をしてくれる動物のキャラクターにも愛着が持てます。

第四位

https://www.amazon.co.jp/dp/4327764183/

第4位の書籍名は「超・英文解釈マニュアル」です。英会話をする上で相手の話を理解するための力は欠かせません。

しかし、英語の構文を理解していなければ話の内容を掴むことが出来ないのです。この学習本は、従来の5文型に代わる新5文型を提案しています。新5文型をマスターすれば、相手が話す最初の単語をイントロとして聞き取って構文を理解することが出来るようになり、相手が何を言いたいのかを瞬時に把握できるようになるのです。

第五位

https://www.amazon.co.jp/dp/4072782211/

第5位の書籍名は「相手が話す英語もCDに収録! 海外旅行ひとこと英会話CD-BOOK」です。

海外旅行をする人向けの書籍ですが、自分が話すことに主眼が置かれている学習本が多いなか、この本は英会話の相手となる人が話すフレーズが多く収録されています。ホテルや買い物などのシチュエーションを想像しながらCDを聞けば、リアルな英会話を再現できるのです。CD付きでありながら本体価格が安価なこともお勧めできるポイントです。